旅行だけでご飯3杯はイケる
ホーム > 現金化 > 売れているゲームソフトは現金化に向くか

売れているゲームソフトは現金化に向くか

ゲームソフトというものは、クレジットカードの現金化を考えるうえで換金しやすい商品の代表格です。

ですが、ちょっと間違えると、換金率が50%以下になってしまうこともありますので、注意しなければいけません。

 

換金率を高めるためには、需要と供給を考えなければいけません。

供給が追い付かないものは、値段が上がっていきます。

需要が大きいのにもかかわらず、最小の供給しかしないと決まっているものも、プレミアがつきますので、必ず高くなるのです。

しかし、人気がありすぎたソフトの場合、すぐに大きな値崩れを起こしてくることも忘れてはいけません。

 

ゲームソフトは、精算を続け供給し続けることが可能です。

需要があれば、どんどん生産していくことになるでしょう。

供給量が追い付かない場合、ソフトの買取り金額はどんどんと上昇していくことになりますが、ある一定線を越え供給量が追い付いてくると、とたんに買取り価格が下落するのです。

これは、供給過多が引き起こす値崩れで、売れるものだからどんどん作っていくと、突如売れなくなってしまう現象になります。

 

そのため、有名ソフトをつかってクレジットカードの現金化を進めることは大切ですが、あまりに時間を置いたり、タイミングを間違ったりすれば、大失敗することもありますので、十分に注意しましょう。

こうした状況は、店頭に出してある買取り金額を見ることで判別することができます。

あまりに値段が落ちて着た場合には、底値まで行きますので要注意なのです。